07 / 09 SAT

Spotify O-EAST presents 田我流 x 思い出野郎Aチーム <延期公演>

OPEN
17:00
START
18:00
ADV
¥3,500
DOOR
¥4,000
LINE UP
  • LIVE:
  • 田我流
  • 思い出野郎Aチーム
  • DJ:
  • クボタタケシ
  • nutsman
  • FLYER :
  • NONCHELEEE
TICKET

チケット発売
2022/3/14(月)21:00~

チケットぴあ https://w.pia.jp/t/dengaryu-oyat/

NOTES

【感染拡大防止対策のガイドライン】
※本公演はキャパシティを50パーセント以下に設定し、政府、自治体および会場より示された
新型コロナウイルス感染予防のガイドラインに基づいた対策を講じた上で開催します。
※オールスタンディング ※フロア内のマス目を目安に間隔をあけて頂きます。
※社会情勢の変化により、時間変更の可能性がございます。

【注意事項】
・熱のある方、体調の優れない方の入場は禁止とさせて頂きます。
・入場時、検温を行い37.5度以上、または37.5度未満でも平熱より高い場合、
発熱の有無に関わらず体調不良の症状が見られる場合は入店をお断りします。
・マスクの着用を必ずお願い致します。マスクをしていないお客様は入場をお断り致します。
(お持ちでない場合は、受付にてお申し出ください。1枚100円にて販売しております。)
・チケット購入時に個人情報を登録していただきます。
・登録いただいた個人情報は、万が一陽性感染者が発生した場合の感染経路追跡のための利用、及び保健所等の公的機関に提出することを目的とし、適切に管理いたします。
・当日券でのご入場の方は、入場時に問診票の記入をお願い致します。氏名・緊急連絡先・体調等の記入をしていただきます。
・アルコール消毒の徹底をお願い致します。入場時や転換時、随時ご協力の程よろしくお願い致します。
・入口、フロア内にアルコール消毒液を設けさせて頂きます。
・コロナウイルス感染及び拡散防止の為、スタッフはマスク、場合によりフェイスシールドを着用の上で業務させて頂きます。
・お客様同士十分な間隔を確保してください。※フロア内のマス目を目安に間隔をあけて頂きます。
・入場整列は開場15分前から行います。それより前のご来場、待機は密を避ける為、ご遠慮ください。
・入場整列時はお客様同士、密にならぬように間隔を開けて整列頂きますようご協力をお願い致します。
・ライブ鑑賞時、その場から移動する行為やお客様同士で体を接触する行為は禁止致します。
・場内における大声での歓声・声援は禁止致します。
・開場中、場内を換気致します。また開演後も換気時間をとらせて頂きます。
・開演前、換気時間中はお客様同士、密にならぬように間隔を開けて待機をお願い致します。
・ステージから客席までの距離は2m以上距離をとらせて頂きます。
・対面販売時、飛沫防止対策の為ビニールなどで間を遮断しております。
・入場後、体調が優れなくなった方はスタッフまでお申し付けください。
・会場への飲食物の持ち込みはご遠慮ください。見つけ次第、没収させていただきます。
・会場内、ライブ中の録音・録画は禁止とさせて頂きます。
・スタッフの指示に従い、感染防止にご協力頂けますと幸いです。
・社会情勢の変化により、時間変更の可能性がございます。
・出演 アーティストの変更・キャンセルによる払い戻しは行いません。
・スタッフの指示に従って頂けない場合はご退場頂く場合もございます。

INFORMATION

Spotify O-EAST 03-5458-4681

田我流

田我流

山梨県笛吹市一宮町出身。趣味は釣り。尊敬する人は松方弘樹。高校1年でHiphopに出会い、リリックを書き始める。2004年に地元の幼馴染とラップグループ=stillichimiyaを結成し、2008年にファースト・ソロ「作品集~JUST~」を発表、2012年4月に発表したセカンド・アルバム「B級映画のように2」でその評価を確固たるものにする。2015~16年はバンド・プロジェクト「田我流とカイザーソゼ」として数々のライブをこなす。その頃から更なる音楽性の向上の為、Falcon a.k.a. Never Ending One LoopとしてBeat Makeも始める。
野蛮さと繊細さを兼ね備え、アッパーな楽曲からコンシャス、叙情的な楽曲まで幅広く乗りこなす作詞力と音楽性、ガツガツと畳み掛けるエモーショナルなライブパフォーマンスには定評がある。2019年4月に自身の原点回帰を計るべく新しいプロデューサー陣と制作した待望のサード・アルバム「Ride On Time」、KMとのEP「More Wave」を発表。2020年はLocal Wave Tourを敢行し、B.I.G.JOEとのコラボシングル”マイペース”を、2021年には今の世の中への自虐とユーモアを交えた楽曲”我慢”を配信。

思い出野郎Aチーム

思い出野郎Aチーム

2009年の夏、多摩美術大学にて結成された8人組のソウルバンド。
2015年、mabanuaプロデュースによる1stアルバム「WEEKEND SOUL BAND」を、2017年
に2ndアルバム「夜のすべて」、2018年には初のEP「楽しく暮らそう」をリリース。
そして2019年、待望の3rdアルバム「Share the Light」をリリース。
Negicco、lyrical school、NHKの子供番組「シャキーン!」への楽曲提供、ドラマ「デザイナー
渋井直人の休日」のオープニングテーマ担当や、キングオブコント2018王者のハナコの単独ラ
イブにジングルと、エンディングテーマ「繋がったミュージック」を提供、メンバーそれぞれ
がDJ活動を行うなど、多岐にわたって精力的な活動をしている。

クボタタケシ

クボタタケシ

主に毎週末、都内各所や全国各地でDJ。ジャンルレス、タイムレス、
かつボーダーレス、もっと言えばホームレスな何にも属さない印象的
な選曲と個性的なミックスを収録した幾つかの魅力的なタイトルを公
式、非公式にリリース。異色のヒップホップグループキミドリでの活
動も知られている。また、サウンドクリエイターとして数多くのリ
ミックスやプロダクションも手掛けた。これらの活動を90年代初頭か
ら現在まで一定のスタンスを崩すことなく継続中。

nutsman

nutsman

岐阜県は飛騨高山の生まれ、岐阜市在住のDJ。全天候対応型のセレクター・スタイルで今日も
大小内外問わず人が集まる場所に花を添え続けている。AUN mute、Oriental Tapes、Set Fire
To MeといったレーベルからDJ MIX作品をリリース。2021年からはデンマーク発のヘッドフォ
ン・ブランド「AIAIAI」の国内アンバサダーも務めており、自身がセレクトしたDIY音楽作品を
取り扱う「大福RECORDS」も営んでいる。大の淡水魚好き。

NONCHELEEE

NONCHELEEE

b. 1986, Fukuoka
Illustrator
Lives and works in Fukuoka
Co-runs ON AIR, 心SHOP
くれなずむハマでサンオイルの香りと夕陽がトロリ
と溶けた時に生まれたのがNONCHELEEE