06 / 07 FRI

Manuka Honey Collaborated with NeoL magazine

Manuka Honeyが初来日し、6月7日(金)にMIDNIGHT EASTに出演する。
ロンドン在住のアーティスト、そしてプロの占星術師でもあるManuka Honeyは、2021年にメキシコのレーベルNAAFIからデビューして以降、レゲトンやクンビアといった自身がルーツを持つラテンアメリカのダンスサウンドが持つエネルギーを取り入れた先鋭的な作品をリリースしてきた。2023年、彼女はBoiler RoomやKeep Hushでのパフォーマンスも注目を集めたほかヨーロッパ、US、アジアでツアーを敢行。今年1月にはRA Podcastに登場、そして3月にはClub Romanticoから最新シングル「3Eternities Beneath You」をリリースするなど、ますます目が離せない存在となっている。そんな今最も注目される彼女が、Spotify O-EAST 3Fでプレイする。
共演には今年4月にLAのレーベルAcid Campの10周年コンピレーションより新曲をリリースしたMAYUDEPTHに、セルフレーベルNocturnal Technologyを立ち上げたばかりのMars89、そしてサイトランスやテクノの野外レイヴから影響を受けたパーティー、電気菩薩の仕掛け人である北京出身のTEI TEIが決定した。
東間屋にはクィアパーティ”FETCH”などを手掛けるMELEETIMEキュレーションのもと、BASiRiNO、DIV☆、Elena Midori、Sonia Lagoonの気鋭の5組がラインナップ。
さらに今回は独自の目線でセレクトした、ファッション、アート、カルチャー、などの記事を配信するTOKYO発のオンラインマガジンNeoLとコラボレーション。NeoLの企画により世界中から集めたヴィンテージ/アーカイブ古着を扱う人気のセレクトショップDENSEのPOP UPをはじめ、Yunaによるネイルアート、Erikaによる2WEEKSタトゥーのブースが登場する。

Manuka Honey will make her Japan debut atMIDNIGHT EAST on Friday, 7th June.
The London-based artist and a professional astrologer Manuka Honey released her first EP on Mexican label NAAFI in 2021, and since then she has been releasing cutting-edge music that harnessthe energy of Latin-American (where she has her roots) and Caribbean dance sounds such as reggaeton and cumbia. In 2023, she toured across Europe, the US and Asia, in addition to appearances at Boiler Room and Keep Hush. This year, she got featured on RA Podcast in January and released her latest single ‘3Eternities Beneath You’ on Club Romantico in March, making her an ever-increasing presence to keep an eye on. Manuka Honey is now one of the hottest names in the game and she will be playing at Spotify O-EAST 3F this time.
She will be joined by MAYUDEPTH, who contributed a new track for the LA label Acid Camp’s 10th anniversary compilation in April this year, and Mars89, who has just launched his own label Nocturnal Technology. Also TEI TEI from Beijing, the force behind the psytrance-and-techno-rave-inspired party Denki Bodhisattva, has been confirmed.
MELEETIME, the organiser of the queer party FETCH, curated the line-up for Azumaya, that includes another four up-and-coming acts: BASiRiNO, DIV☆, Elena Midori and Sonia Lagoon.
For this special night, we will collaborate with NeoL, an online magazine from Tokyo that publishes articles on fashion, art and culture, selected from a unique perspective. There will be “NeoL Lounge” where you can check out POP-UP store of DENSE, a popular select shop of vintage/archive clothing from all over the world, nail art by Yuna, and 2weeks tattoo booth by Erika.

OPEN
22:00
START
22:00
ADV
¥2,000
DOOR
¥3,000
U23
¥1,000
LINE UP
  • =Spotify O-EAST 3F=
  • Manuka Honey
  • Mars89
  • MAYUDEPTH
  • TEI TEI
  •   
  • =AZUMAYA=
  • BASiRiNO
  • DIV⭐︎
  • Elena Midori
  • MELEETIME
  • Sonia Lagoon
  •   
  • =NeoL Lounge=
  • POP-UP:
  • DENSE(FASHION)
  • Yuna(NAIL)
  • Erika(2WEEKS TATTOO)
  •   
  • Flyer design by Mars89
TICKET

5月9日19:00~
ZAIKO

NOTES

※20 歳未満入場不可、写真付き身分証明書をお持ちください。
※You must be 20 or over with Photo ID to enter.

Manuka Honey

Manuka Honey

Bringing chaos, sensuality and ecstatic motion to her productions and selections, Manuka Honey circles club music’s most compelling fringes. A DJ, producer, multi-disciplinary artist and professional astrologer, Marissa Malik was born and raised in the US before she relocated to London, and has animated by the complex alchemy of the dancefloor, and as likely to reference experimental sounds as she is cumbia or dembow.

Malik’s latest EP ‘3Eternities Beneath You’ is the most magical example of her mode so far, which is a moonlit introduction to Manuka Honey’s dreamworld, brimming with psychedelic, serrated synths, bouncy bass and rattling percussion. But her spirited, passionate performances have to be experienced in person. She spritzes kinetic sounds from the diaspora – like Venezuelan turreo and shatta from Martinique – with stormy, industrial pressure.

カオスとセンシュアリティ、そして恍惚とした動きを自身の作品と選曲に吹き込むManuka Honeyは、クラブミュージックにおいて最も魅力的な周縁で活動している。DJ、プロデューサー、マルチ・アーティスト、そしてプロの占星術師でもあるMarissa Malikは、アメリカで生まれ育った後にロンドンへ移り住んだ。彼女はダンスフロアの複雑な魔力に駆り立てられ、クンビアやデンボウのほか実験的なサウンドを好んで取り入れる。

Malikの最新作「3Eternities Beneath You」は彼女史上最高にマジカルであり、サイケデリックでギザついたシンセサイザー、弾むベース、ガタつくパーカッションが満載の、Manuka Honeyの夢の世界へと誘う月明かりに照らされたイントロダクションのような作品だ。しかし、彼女の気迫と情熱に満ちたパフォーマンスは、生で体験すべきものだ。彼女はベネズエラのターレオやマルティニーク島のシャッタのようなディアスポラから生まれたキネティックなサウンドに、嵐のようなインダストリアルな圧力を吹きかける。

MAYUDEPTH

MAYUDEPTH(四季協会)

DJ and producer based in Tokyo. She released the EP ‘Sneakpeek’ in 2018 on the
‘Shiki-Kyokai’ label, run by Japanese techno sound innovator DJSHUFFLEMASTER. She has also released some tracks on “Acid Camp(US)”,
“Ohrfeigen(GER)” label. In 2022, a second EP, Angels from Hell, featuring film
director Umi Ishihara, was released, with a music video directed by Umi Ishihara
released at the same time. and MAYUDEPTH’s works have been supported by topdomestic and international artists.
In terms of DJing, MAYUDEPTH’s style is rooted in techno, incorporating various
genres such as industrial, electro, breakbeats, and house music. This fusion
expresses a powerful and profound worldview through infectious grooves. Her DJ activities span from the alternative underground scene to major Festivals like
Rainbow Disco Club. Her energetic and seamless mixing style has garnered a
global following, with appearances on radio shows and platforms worldwide,
including BOILER ROOM.
She is a resident and curator of “MOTORPOOL” which a big undulation for
Japanese queer party scene with DJ DSKE, She always continues to explore
electronic dance music with a challenging and open attitude.

東京を拠点にするDJ/プロデューサー。
2018年 日本テクノサウンドのイノベイターDJ SHUFFLEMASTER主宰の”四季協会”から初のEP「Sneakpeek」をリリースし、2022年 映画監督の石原海をフィーチャーした2nd EP「Angels from Hell」を発表。石原海監督によるMVも同時公開された。またドイツの”Ohrfeigen”、2024年にはLAの”ACID CAMP”などから楽曲をリリースしており、MAYUDEPTHの作品は国内外のトップアーティスト達にプレイされている。
DJに於いてもBOILER ROOMを始め世界各国のラジオやプラットフォームからMIX音源が公開されており、2022年にはapple musicよりオフィシャル・ミックスをリリースしている。テクノを軸にインダストリアル、エレクトロ、ブレイクビーツ、ハウスなど多様なジャンルのグルーヴを捉えタフで深淵な世界観を表現するスタイルで、国内外のクラブを始めオルタナティヴなアンダーグラウンドシーンからRDCといった主要フェスティバルまで活動は多岐に渡る。またファッションショーやエキシビションの音楽監修も数多く手がけている。
日本のクィア・パーティシーンにとって大きなうねりとなった”MOTORPOOL”では主宰のDSKEと共にレジデントとキュレーションを務めており、常に挑戦的かつオープンな姿勢でエレクトロニック・ダンスミュージックを探求し続けている。

Mars89

Mars89

Mars89 is a musician whose uncompromising electronic compositions have cemented him as one of the most unique and exciting prospects within Tokyo’s underground club circuit, but his contribution to the city’s culture extends far beyond the dancefloor.

Since moving to Tokyo in his late teens in 2008, Mars89 has established himself as someone whose creative output — in all its shapes and forms — provides a vital perspective on the vicissitudes of living in one of the most populous urban metropolises in the world.

His discography to-date is a bricolage of styles, channeling the guttural, sub-bass-infused body music from UK dubstep’s heyday and the mutant rhythms of Bristol’s signature bass music scene — some of Mars89’s foundational musical influences — as well as the auteurs of cinema, from Kubrick to Lynch, and, specifically, their unparalleled flair for all things eerie, abject and uncanny. In his arsenal, he possesses tracks that can immediately ignite the latent energy of a heaving club crowd, as well as ambient compositions that transport listeners into unsettling alien landscapes evocative of sci-fi dystopias and biotechnological collapse. It’s his ability to weave seamlessly between the two that sets him apart as an artist who ultimately uses his sensibilities to design entire worlds, and this is also reflected in his boundary-pushing VR explorations with label Bokeh Versions and collaborations with designers like Patrick Savile.

Outside of music, Mars89 has collaborated with fashion brand Undercover’s Jun Takahashi, on a collection that deconstructed military garments, making them into a powerful anti-war statement in true punk spirit, as well as releasing a record through the brand. The latter referenced the show soundtrack he had created for Undercover’s AW19 collection, and featured remixes by Thom Yorke, Zomby and Low Jack, who he had played alongside at the Takahashi-curated instalment of Virgil Abloh’s club night, Sound Design. All three of the artists signed up for remix duty immediately upon request, demonstrating how highly regarded Mars89 is by his global contemporaries.

Mars89 is also a key figure within Tokyo’s activist community, spearheading an anti-establishment ‘Protest Rave’ that has seen sound trucks drive through some of the city’s most iconic vistas while blasting out hard techno, galvanising Tokyo’s youth into new, emergent strands of political engagement.

Mars89は、妥協のないエレクトロニック・ミュージックで、東京のアンダーグラウンド・クラブシーンで最もユニークでエキサイティングな存在として知られている。

2008年に10代後半で東京に移住して以来、世界で最も人口の多い都市のひとつで生活することの難しさについて、あらゆる形で表現する人物として地位を確立してきた。

これまでの彼のディスコグラフィーは、様々なスタイルが混在している。UKダブステップ全盛期のサブベースや、ブリストルの特徴的なベースミュージックシーンの突然変異したリズムなどの音楽的な影響に加え、Stanley KubrickやDavid Lynchなどの映画監督、特に不気味で忌まわしいものに対する彼らの比類ない才能からも大きな影響を受けている。
クラブの群衆の潜在的なエネルギーに即座に火をつけるトラックや、ディストピアやバイオテクノロジーの崩壊を連想させる不穏な風景にリスナーを連れて行くアンビエントトラックが彼の武器であり、この2つをシームレスに織り成す能力こそが、自分の感性を使って世界全体をデザインするアーティストとしての彼の特徴である。このことは、Bokeh Versionsとの境界を超えたVRの探求や、Patrick Savileとのコラボレーションにも反映されている。

音楽以外では、UNDERCOVERの高橋盾とのコラボレーションプロジェクトでミリタリーウェアを解体し、真のパンク精神で反戦を訴えるコレクションを発表したほか、同ブランドからレコードもリリース。後者は、UNDERCOVERのAW19コレクションのために制作したショーのサウンドトラックをベースにしたもので、Virgil Ablohが主催するクラブナイト「Sound Design」で高橋がキュレーションした際に共演したThom Yorke、Zomby、Low Jackのリミックスが収録されてる。この3人のアーティストがリミックスの依頼にすぐに応じたことは、Mars89が世界の同世代のアーティストからいかに高く評価されているかを示している。

Mars89は、東京のアクティヴィストコミュニティの重要な存在でもあり、Protest Raveでは、サウンドシステムを積んだトラックでハードテクノを鳴らしながら東京の象徴的な景色の中を走り抜け、若者に政治的活動への参加を促している。

TEITEI

TEITEI

電気菩萨 (Denki bodhisattva) 主催
中国・北京出身。
東京での生活のなかで感性が解放され、Hypnotic techno / Dark technoを中心にしたDJをはじめる。
日本各地での野外フェス「Re:birth」「Brightness」「EN Festival」「ZIPANG Festival」「Liquid Festival 」「和刻20周年」「音波祭」等への出演。また主要クラブから極めてアンダーグラウンドなパーティーまで活動範囲は広い。
今年には中国に戻り、北京、香港、マカオで開催されたいくつかのパーティーでプレイしました。
2023年には韓国・ソウルで「電気菩薩」を開催するなど、今後は海外へのパーティー進出も予定される。
先鋭的でディープな音楽全般を好む表現はオリジナリティに溢れ、月光に映し出される睡蓮の花のように ダンスフロアの意識をひろげる。

BASiRiNO

BASiRiNO

DIV⭐︎

DIV⭐︎

ジャカルタ出身、東京を拠点に活動するDIV☆は、パーティー電気菩薩(電気菩薩)のレジデント。
ハイテンションでエネルギッシュなレイヴ・ミュージックを得意とし、瞬く間に東京で注目すべきDJの一人となった。

Originally from Jakarta, based in Tokyo, DIV☆ is a resident at party 電気菩薩 (Denki Bodhisattva).
Specializing in high tension, energetic rave music, DIV☆ have quickly become one of the DJs to watch for in Tokyo ☆∻∹⋰

MELEETIME

MELEETIME

Founder of 「MASALA」, 「FETCH」
1994年生まれ、慶應義塾大学環境情報学部卒。

MELEETIMEは東京を拠点に活動するクィアDJで、その名前は有名なゲーム「大乱闘スマッシュブラザーズDX(Super Smash Bros. Melee)」に由来する。IDMの影響を強く受け、実験的なテイストで枠に囚われないプレイを好むMELEETIMEは、ダンスフロアにフォーカスした膨大なビートセレクションで、アンダーグラウンドクラブに留まらない活躍をしている。エレクトロ、ベース、ブレイクス、ゲットーテック、バイレファンキ、ジャージークラブなど、幅広いジャンルから派生するMELEETIMEのユニークなサウンドは、重厚なビートと疾走感溢れるハッピーなメロディで構成され、新宿のクィアクラブだけでなく、渋谷の洗練されたデッキから山奥の野外レイヴまで幅広く楽しませてくれる。また、パーカッショニストCU_Good_Bye.とのDJ×パーカッションユニット「Deadman’s Chappie」の一員としても活動している。

MELEETIME is a Tokyo-based queer DJ whose name derives from the famous game Super Smash Bros. Melee. Even though with her heavy IDM influences and preferences to play outside of the box with her experimental tastes, MELEETIME is excelling in a wide range of underground clubs in Tokyo with her vast selection of dancefloor-focused beats. MELEETIME’s unique sound, which derives from a wide range of genres including Electro, Bass, Breaks, Ghetto Tech, Baile Funk, Jersey Club, etc, consists of heavy hitting beats to speedy and happy melodies that not only entertain the queer clubs in Shinjuku, but also from the sophisticated decks of Shibuya, to outdoor raves somewhere in the mountains. Also, in 2022, she is a part of a DJ X Percussion unit, Deadman’s Chappie, with her percussionist friend CU_Good_Bye.
ℳℰℒℰℰ𝒯ℐℳℰ🧿ℳ𝒶𝓂𝒾

NeoL Magazine