漆黒のダンス・グルーヴ!!! “NYアンダーグラウンドの象徴”TIMMY REGISFORDが新春のMIDNGHT EASTに出演 | Shibuya O-Group

漆黒のダンス・グルーヴ!!! “NYアンダーグラウンドの象徴”TIMMY REGISFORDが新春のMIDNGHT EASTに出演

2020.01.04 (土) - 2020.01.05 (日)

SHELTER JAPAN TOUR 2020

Date: 2020/1/4 (Sat)
Open: 23:00
Door: ¥3,500
Adv: ¥2,000

 

= BUY TICKET =

Resident Adviser

 

= TSUTAYA O-EAST =

TIMMY REGISFORD (SHELTER from NY)

SOUND TECH.:THRASH(Valkyrie-SR-)
LIGHTING: MACHIDA (LS WORKS)

= Azumaya =

Dazzle Drums
Souta Raw
HEAVEN (DISCOVERY)
Sanche (Shaman)

GUEST BARTENDER: ROKU’s BAR
HOSTED BY NYC HELL:Shigeya, Takenaka, NAGOYA, ISHIHARA

ARTIST PROMOTED BY RYO WATANABE

 

 

NYブラック系ダンス・ミュージックの牙城として名高いパーティ〈SHELTER〉を主宰し、レジデントDJをつとめる“漆黒のマエストロ”が、DJ BAR東間屋とライブハウスTSUTAYA O-EASTがコラボレーションした1,300人のキャパシティを有するナイトベニュー、MIDNIGHT EASTに登場する。

91年にスタートした〈SHELTER〉を拠点に長きに渡りNYのアンダーグラウンドシーンの象徴として君臨しつづける TIMMY REGISFORDが再来日。気迫漲るダイナミックなミキシング、驚異的なロング・ミックスでフロアの温度を上昇さることから「マエストロ」との異名を持ち、NYクラブ界のドン、NYクラブ・サウンドの生き字引、ソウル・ミュージックの伝道師、連続15時間以上の超人的DJプレイなど、その王冠的形容詞の数々は枚挙に遑がない。またFela Kutiをはじめアフリカン・ミュージックを現在まで長い年月を通してダンスフロアに広めてきた功績も大きく、つい先日も”Ngeke (andhim Remix)”など数々の世界ヒットを生んだアフロハウスのヴォーカリストToshiと共作した最新アルバム『Life Music』を発表し、アフロハウスのトップチャートにランクイン。
厳しい審美眼によって選び抜かれた楽曲とアフロセントリックな感性が紡ぎ出す漆黒のダンス・グルーヴは、ここ東京でもクラウドとの間に特殊な絆で結ばれた独特の雰囲気を生み出し、シリアスなダンス・ミュージック・ファンを中心に現在も熱い支持を獲得。年末年始の恒例行事として来日を待ちわびるファンも数多い。2020年は、渋谷最大級のキャパシティを誇るライブハウスTSUTAYA O-EASTのフロアで、TIMMY REGISFORDが東京のクラウドを熱狂の渦へと誘う。

共演には、これまで何度も来日公演のサポートをし、国内外からの厚い信頼と評価を獲得しているDazzle Drums、毎週開催のTunnel Tuesdayや蜂の新興パーティDiscoなど活躍目覚ましいSouta Raw、DJ SPINNAやJay Danielといった海外DJ/プロデューサー勢の前後でサポート共演を経験し精力的に活動するHEAVEN、soul,funk,discoなどの選曲で多幸感と黒いグルーヴを表現し若手の中でも安定した支持を得るSancheの4組。東京ローカル・ディスコ/ハウスシーンの進化と新しい波を体感していただけるDJ陣でお届けする。

※ 20歳未満の方や、写真付身分証明書をお持ちでない方のご入場はお断りさせて頂いております。ご来場の際は、必ず写真付身分証明書をお持ち下さいます様、宜しくお願い致します。尚、サンダル類でのご入場はお断りさせていただきます。予めご了承下さい。

Jet black Dance groove!!! “The symbol of NY underground”, TIMMY REGISFORD will be performing for MIDNIGHT EAST early spring in 2020.

“The maestro of jet black dance music”, TIMMY REGISFORD is the resident DJ and the organizer of NY black dance music scene’s stronghold party, <SHELTER>, will take over MIDNIGHT EAST, the collaborative night venue between DJ BAR AZUMAYA and the live house TSUTAYA O-EAST with accommodation of 1,300 people.

Since 1991, starting out with the party, <SHELTER>, TIMMY REGISFORD has long stood as an iconic existence of NY underground dance music scene. Under the name of “Maestro”, his ghastly and dynamic style of mixing, and the way how he gradually picks up momentum and turns up the heat on the dance floor is a legendary work. Including Flea Kuti, TIMMY REGISFORD has also devoted himself in order to penetrate African music towards the dance floor through out the years, and lately he has released the album called “Life Music”, collaborated with the Afro-house vocalist Toshi who has produced massive hits allover the world commencing with “Ngeke (andhim Remix)”.

The jet black dance groove spun by the sound selected by the strict, and afrocentric aesthetic of TIMMY REDISFORD creates distinct atmosphere, and his style earned reputation from every serious dance music fans here in Tokyo. Many crowds awaits for his visit to Japan as a year-end and new years annual event. In 2020, he will be playing for the live house TSUTAYA O-EAST that accommodates the largest capacity in any other clubs in Shibuya to invite all the crowds in Tokyo for a jubilant night.

For this time, TIMMY REGIDFORD will be joined by 4 groups of the Japanese local DJs. Dazzle Drums, a DJ unit who has been supporting TIMMY’s show in Japan oftentimes over years, a resident DJ for Tunnel Tuesday and also an organizer of the emerging party “Disco”, Souta Raw, HEAVEN, who has supported a party for big name DJ/producer in Tokyo such as DJ SPINNA and Jay Daniel, and Sanche lastly, the young upcoming DJ who selects black and euphoric soul, funk, and disco music will be showing up to deliver the latest local disco/house music scene of Tokyo.

※ Must be 20 or over with Photo ID to enter. Also, sandals are not accepted in any case. Thank you for your cooperation

 

 

TIMMY REGISFORD & SHELTER

<BIOGRAPHY>

SHELTERは、THE LOFT、THE GALLERY、PARADISE GARAGEやZANZIBARといった伝説的クラブと同様、DJとクラウドがある種の特殊な絆で結ばれた独特の雰囲気、ヴァイブが存在する希有なクラブである。1970年代前半から続くNYクラブ史に於いて28年もの間存続し続けているという事実が、いかにこのクラブがスペシャルなものであるかということを如実に物語っている。 SHELTERの核となった人物、それはDJであり主宰者であるティミー・レジスフォードだ。彼は1980年代中頃より音楽制作を開始し、BOYD JARVISと共に数々のGARAGE CLASSICSの名曲を生み出す。やがてNYのラジオ・ステーション“WBLS”「MASTERMIX SHOW」でDJとしての人気を確立。他にも、[MCA]、[MOTOWN]といったメジャーレーべルの敏腕A&Rとして数々のアーティストを成功へと導く重要な役割を果たしているのである。
1991年のオープン以来、SHELTERはN.Y.ディープ・ハウス・シーンを常にリードし続け、シーンがよりハードな音楽性へと傾倒しても尚、一貫してソウルフルでディープな音楽にこだわり続け普遍的なシェルター・サウンドを確立したのである。 NYという世界の流行を左右するような大都市で、度重なる危機に瀕しても尚存続し続け、圧倒的な支持を得て28周年を迎えたことは驚異的といって良い。2000年代には、クエンティン・ハリス、DFA、アダム・リオスといったアーティストの作品をRISTRICTED ACCESS、UN-RISTRICTED ACCESS、UNDERGROUND ACCESS等のレーベルから多数リリースし、大ヒット曲を量産する。また、ティミー自身も数々のリミックス作品を手がけ、精力的に活動していることもうれしい限りだ。2006年、初のフル・オリジナル・アルバム”AFRICA IS CALLING”を皮切りに”PLACES AND SPACES IN TIME”、”SUN OVER WATER”、”AT THE CLUB”、”FELA IN THE HOUSE OF SHELTER”、”COVERS”、”BRANDED SHELTER”、”SHELTER 7AM”とほぼ毎年アルバムをリリースし続けている。今年もTIMMYの新たな”黒いサウンド”で私達を魅了してくれるに違いない。

このイベントは終了しました。 今後のイベントはこちらでCheck!

Join Our Newsletter

オススメ情報をメールで配信します!

Top